頭皮の乾燥をオイルでケア

頭皮乾燥オイル

頭皮の乾燥が気になる方に注目してほしいのがオイルを使った頭皮ケアです。

 

オイルを使った頭皮のケアはヘッドスパなどでも使用されるくらい美容の分野では定番のケアアイテムとして定着しています。

 

頭皮にオイルと聞くと、ベタベタしそうというイメージがありますが、髪と頭皮の保湿やマッサージケア、さらには頭皮クレンジングにも役立ってくれるアイテムです。さらに頭皮ケアに使えるオイルは自然のオイルを使用しているため、余分な成分を含まずに地肌にも優しいです。

 

使いやすいオイルやオイルを配合したアイテムを使えば自宅で簡単に頭皮の乾燥対策ができちゃいますので、注目してみてくださいね。

 

こちらでは頭皮の乾燥を防ぐための対策方法として、セルフケアでも、おすすめされることが多い頭皮ケア用オイルの種類や選び方、おすすめのオイルをご紹介します。

 

オイルを使った頭皮ケアはどんな人におすすめ?

  • 頭皮の乾燥が気になる
  • かゆみやフケでお悩み
  • 頭皮のニオイが気になる
  • 薄毛対策の頭皮ケアをしたい
  • 髪のパサつきも気になっている

オイルを使った頭皮ケアはみなさんが気になる頭皮のお悩み対策に活躍してくれる天然のスキンケアアイテムでもあります。

 

頭皮の乾燥対策にオイルがおすすめな理由

  • 頭皮の乾燥を防ぐ保湿効果が得られる
  • 水分と皮脂のバランスを整えて健やかな頭皮環境に保つ
  • 毛穴汚れ、頭皮の皮脂汚れを落とすクレンジングができる
  • 頭皮のニオイ対策にもおすすめ
  • 自宅での頭皮マッサージを肌を保護しながらスムーズに行える
  • パサパサな髪の保湿にも使える
  • 頭皮ケアだけでなく身体の保湿ケアにもおすすめ
オイルは頭皮の乾燥対策に役立つ高い保湿力がある

頭皮が乾燥する原因はいくつかあります。
使っているシャンプー剤や、髪の毛や頭部の地肌を洗うときの指の使い方、髪の毛を乾かす際に使用するドライヤーの使い方などがあげられます。

 

知らず知らずのうちに、頭部の地肌や髪の毛を傷つけていることが多いものです。これの行為は頭皮の乾燥を招いてしまうため、保湿をすることがセルフケアのポイント。この保湿を充実させてくれるのが植物オイルです。

 

アイテムによって洗い流しが不要なタイプもあるので、一日の終わりにしっとりとした頭皮に保ち、乾燥を防いでくれます。
フケやかゆみがあるという方にもおすすめなケアアイテムです。

 

毛穴汚れ・皮脂汚れを落としてくれる

頭皮環境を悪化させる理由には毛穴に詰まった皮脂や汚れ、整髪料やシャンプー・リンスの成分が頭皮の毛穴を塞いでしまうことも影響しています。
毛穴に詰まった汚れや頭皮にこびりついた皮脂汚れは酸化することで、頭皮のニオイやかゆみを引き起こしやすくなると言われています。

 

皮脂はオイルと馴染むことで柔軟になり落としやすくなるため、頭皮クレンジングとしての機能も果たしてくれます。
余分な皮脂汚れを落としてくれるのでスッキリと清潔な頭皮を保つのに役立ちます。

 

頭皮のベタつきやニオイ対策もしたいという方にも役立ちます。

 

頭皮環境を整えるマッサージにもおすすめ

頭皮をマッサージする時のマッサージオイルとして使うことで、頭皮クレンジングをしながら、血行を促進するなど頭皮だけでなく髪の健康のためのお手入れにも役立ちます。さらに頭皮のマッサージは顔のリフトアップケアなど美容面でも有効なセルフケアの一つなので、頭皮環境と共に見た目の健康・若々しさにも嬉しい頭皮マッサージを充実させるのにも一役買ってくれているのです。

 

毛穴をキレイにしながら頭皮環境を整えることで美髪にも近づく事ができますので、年齢と共に髪が細くなってきたという薄毛でお悩みの方にもおすすめなヘアケアアイテムです。

 

パサパサな髪の保湿にも使える

良質な植物オイルは美髪にも欠かせないアイテムです。近年ではボタニカルシャンプーなど自然派にこだわったヘアケアアイテムも増えています。
その中でも植物オイルが使用されていることが多く、髪を洗っている時に失われるキューティクルを補いながらツヤのある状態を保つのにオイルは役立ってくれます。

 

頭皮ケアに使えるオイルの種類

頭皮乾燥オイル種類

頭皮ケアに使えるオイルは身近な植物オイルから、頭皮ケアを目的としたオイル、ボディケアからフェイスケア用まで使える利便性のあるオイルなども使えます。アロマオイルなども人気です。

 

植物オイルにはそれぞれ特徴や含まれる成分に違いがありますので、市販されているオイルなどを使う時には、どんなオイルが使用されているのかに注目してみてください。

 

オリーブオイル

オリーブオイルにはビタミンAやビタミンE、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸、スクワランが多く含まれています。
さらには、ヒトの皮脂と混ざりやすい性質があるため、使用してもベタベタする感じは少なくて、毛穴汚れを落としながら頭皮の保湿もしてくれる身近ながら使いやすい植物オイルの一つです。

 

オリーブオイルを使う場合にはエキストラバージンオリーブオイル、ピュアオリーブオイルといった種類がありますが、添加物などの不純物が少なく、科学的処理がされていないエキストラバージンオリーブオイルを選ぶのがおすすめです。

 

アルガンオイル

モロッコを原産とするアルガンの木の実から摂れるオイルです。近年ではスキンケア化粧品の分野でも取り入れられるようになった高級オイルの一つです。
ビタミンEが豊富なことで知られていて、その含有量はオリーブオイルの2〜3倍とも言われています。

 

オレイン酸が最も多く含まれていて、次いでリノール酸、パルミチン酸が含まれています。

 

べたつきが少なくさらっとしたつけ心地が評判です。アルガンオイルを使う場合には加熱処理がされていないもの、もしくはヘアケア用を使うのがおすすめです。

ホホバオイル

ホホバと呼ばれるシムモンドシア科の植物の実や種子から摂れるオイルです。人の皮脂にも含まれるワックスエステルを主成分とするなど、肌との馴染みが良いことで知られており、スキンケア化粧品のクリームや乳液にも使用されていることが多く、保湿力が高いのが魅力です。

 

紫外線ダメージから守るバリア機能も知られているので、頭皮や髪を紫外線から守るのにも役立ってくれます。

 

椿油(ツバキオイル)

椿油(ツバキオイル)、別名カメリアオイルは日本で古くから髪のお手入れなどに用いられてきた植物油です。オレイン酸を多く含むことで知られていて、なめらかなテクスチャーが特徴ということもあり、肌や髪をしっとりと保ってくれます。頭皮の乾燥が気になる方には、このとろみのあるつけ心地が好評です。

 

オレイン酸が多くを占めますが、リノール酸、ステアリン酸、パルミチン酸も含みます。

 

ウォールナッツ油(くるみ油)

また、ウォールナッツ油はくるみから摂れるオイルです。リノール酸、オレイン酸を多く含む他、リノレン酸、パルミチン酸やステアリン酸を含みます。ヘアケア製品にも配合されているので、安心して使用することができるでしょう。
頭皮のフケや、かゆみな対策にもおすすめされていて、なめらかな手触りでベタつくことが少ないようです。

 

ココナッツオイル

石けんやスキンケアアイテムでも使用されることが多いココナッツオイルは保湿力に優れ、元々持ち合わせている抗菌パワーなどから頭皮環境を健やかに保つのに役立つと言われています。

 

マルラオイル

アフリカを原産とするマルラの実(マンゴー科植物)から摂れるオイルです。アフリカでは古くから様々な用途で使われてきたオイルで、ヘアケア以外でもボディケアや小さなお子さんのベビーオイル代わりに用いられるなど、現地では万能オイルとして親しまれているオイルです。

 

馬油

馬の皮下脂肪から摂れるオイルで、人の皮脂にとても近い自然の油脂です。
濃厚でコクのあるテクスチャーですが、肌に馴染ませるとサラっとした質感にかわるので、保湿力が高いのにつけ心地が軽くなるというのが魅力です。
肌トラブルの民間療法のアイテムとして使われてきた歴史があるなど、お肌との相性がとても良いと言われています。

 

スクワランオイル

スクワランオイルはサメの肝臓から摂れる肝油から精製したオイル、もしくはオリーブから精製したオリーブスクワランがあります。
どちらも人の肌と相性が良く、馴染みが良いのが特徴です。べたつきが少なく酸化に強いという特徴もあります。

 

あんず油

さらっとしたテクスチャーはベタつきが少なく、使いやすいのが特徴です。オイル特有の香りが苦手な方にもおすすめなあんずの甘い香りもポイントです。

 

アロマオイル・エッセンシャルオイル(精油)

アロマオイルを使った頭皮ケアも人気です。
エッセンシャルオイル(精油)は自然植物の花や葉、果皮、樹皮、根、種子など、様々な部分から摂れる天然純度100%のオイルです。
保湿はもちろんですが、心のケアにも使われるため、リラックスしながら頭皮のお手入れができるため人気が高いです。

 

精油はかなりの数が存在していますが、中でもローズマリーやクラリセージ、オレンジ、イランイランなどは頭皮環境を整えながら、心のケアにも嬉しい種類で人気があります。

 

アロマオイルを使用する時には精油を直接頭皮に塗布するのではなく、必ずオイルや精製水などに混ぜて使いましょう。
超高濃度の状態の原液を付けてしまうと肌や粘膜へ刺激となってしまいます。

 

食用の植物油は頭皮ケアに使える

頭皮ケアに使えるオイルは沢山ありますが、食用の植物油も使用することができます。実際にオリーブオイルなどは食用を代用している方も多いです。
ですが、食用に加工されている油は純粋な油だけの成分ではなく、他の添加物なども加えられている場合が多いです。そのため、頭皮ケアに使用する場合にはあくまで純度が高い油を使うのがおすすめです。

 

頭皮の乾燥ケアにおすすめのオイルランキング

市販の頭皮用オイルも使い勝手が良くおすすめですが、さらにこだわりたい人にぴったりな頭皮ケアオイルをランキングでご紹介します。

 

CODINAマッサージオイルリラクサンの特徴

  • 100%未精製のバージンアルガンオイルを配合したオイル
  • オーガニック認証「NATURE&PROGRES」を取得
  • 9種類の美肌成分・8種類の精油を厳選してブレンド
  • 肌にも心にも働きかける天然オイルで全身ケアが可能
使用されているオイル
アルガンオイル・ゴマ油・アンズ核油・マカダミアナッツ油・ヒマシ油・ルリジサ種子油・アボカド油・ホホバ種子油・ココナッツオイル・オレンジ果皮油・ビターオレンジ葉核油・ニオイテンジクアオイ花油・イランイラン花油・メボウキ油・マンダリンオレンジ油・ラベンダー油・ベルガモット果実油

価格 評価 備考
4,200円 評価5 100ml
CODINAマッサージオイルリラクサンの総評

フランスから届いたこだわりぬいたオーガニックアルガンオイル+16種類のオイルを配合、フランスのオーガニック認証である「ナチュール・エ・プログレス」を取得するなど高品質なオイルとして信頼されている1本です。

有名な植物オイルだけでなく精油からも厳選してブレンドしているため、頭皮ケアをしながらリラックスできる空間を演出、心まで癒してくれるのが魅力です。
忙しくてストレスが溜まりがちな方には特におすすめ。高い保湿力と癒しで、毎日の頭皮ケアを充実させてくれます。

mogans・ディープモイストオイルの特徴

  • 髪・頭皮・全身のパーツ全てをカバーできる話題のオイル
  • ヘアケア・ダメージケア・頭皮地肌ケア・フェイシャルケア・ボディケア・身体の気になるパーツのピンポイントケアといった1本で6役使える利便性
  • 贅沢配合した3種類のキャリーオイルで頭皮の水分・油分のバランスをサポート、充実の保湿力
使用しているオイル
アルガンオイル・ブドウ種子油・ホホバ種子油・イランイラン花油・セイヨウハッカ油・エンピツビャクシン油・ベルガモット果実油・オレンジ果皮油・グレープフルーツ果皮油・レモン果皮油・ライム油・ラベンダー油・オニサルビア油

価格 評価 備考
2,700円 評価5 50ml
mogans・ディープモイストオイルの総評

高級オイルアルガンオイルプラス、贅沢なエッセンシャルオイルを12種類もブレンド、使用しているアルガンオイルはエコサート認証のオーガニックオイルです。

石油系活性剤・ラウリン酸Naアルコール合成香料・DEAMEATEA・動物性原料・シリコン・合成ポリマー・フェノキシエタノール・パラベン不使用の無添加オイルです。

頭皮マッサージはもちろん、乾燥が気になる顔や身体のお手入れまで1本でこなしてくれる毎日使いたいオイルです。

 

頭皮ケアに使える市販オイル

プチプラで購入できる市販の頭皮やヘアケアに使えるオイルは人気です。口コミで評判が良い市販オイルをピックアップしました。

 

無印良品|オリーブオイル

無印良品で販売されているオリーブオイルです。化粧用に精製されていることもあり、使いやすいと評判がよく、しっとりとしたつけ心地が特徴です。
使いやすいポンプタイプ式で無香料・無着色・アレルギーテスト済みのオリーブオイルです。

 

無印良品|ホホバオイル

ホホバオイルを化粧用に精製した無印良品のオイルシリーズです。。肌なじみの良さがあり、さらっとした使用感が好評です。頭皮のマッサージ用に使われることが多いようです。

 

無印良品|オリーブスクワランオイル

オリーブ油から抽出されたスクワレンを還元して化粧用に精製したオリーブスクワランオイルです。肌への浸透性(角質層まで)と滑らかなつけ心地が好評です。1本で全身に使用できる利便性もおすすめポイントです。

 

ジョンソン|ベビーオイル

赤ちゃんから大人のスキンケアまで使える知名度抜群のオイルです。
ヘッドマッサージだけでなく、保湿、クレンジングなどお肌のお手入れのサポートにも活用されている方が多いです。

 

ベルトーリ/BERTOLLI|エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル・オリジナーレ

世界約40カ国で愛されているイタリアンブランドのオリーブオイルです。地中海産のフレッシュなオリーブを原料とし、一番搾りのオリーブオイルを使った食用のオリーブオイルですが、一番搾りの高品質なオリーブオイルは頭皮マッサージにも使用できます。

 

大島椿|椿油

椿油の有名メーカー大島椿の椿油です。無香料・無着色の椿油100%です。髪・頭皮・肌のケアに使える多機能オイル。高い自社の基準を満たす椿油だけを使用するこだわりを持ち、においやベタつきが少ない他、酸化しにくいのも特徴です。

 

柳屋|あんず油

柳屋のあんず油は、ヘアケアに嬉しい100%天然原料を使用したあんず油です。
髪のお手入れ・頭皮ケア両方にしようできるオイルです。

 

ロレアルパリエルセーヴ|エクストラオーディナリーオイル エクラアンペリアル

フレンチローズオイルを使用した香りも素敵なオイルです。頭皮ケアというよりも髪の保湿などをケアするのに使用している方が多いようです。

 

ラックスルミニーク ゴールドオイルシャイン

2種類の天然植物オイル配合、マカダミアナッツオイルとアーモンドオイルでツヤ、しっとりな髪を保つのに役立ちます。

 

タマリス|フィトリーク モイスト

アルガンオイルとマカダミアナッツオイルを使用したオイル配合美容液です。オイル成分プラス保湿美容成分を配合しているのが特徴です。
フローラルの香りが豊かで、頭皮はもちろん、ボディケアにも喜ばれている1本です。

 

オイルを使った頭皮マッサージの方法・手順

頭皮乾燥オイル使い方

頭皮の乾燥が気になる、かゆみを感じる、スッキリと毛穴汚れを落としたい。そんな時にオイルを使った頭皮マッサージはおすすめです。
頭皮のマッサージをしながら頭皮クレンジングもしてくれるので清潔で健やかなな頭皮環境を保つのにもおすすめです。

 

こちらではお風呂でオイルを使う頭皮マッサージ方法とお部屋での頭皮マッサージの時のオイルの使い方をご紹介しています。

 

お風呂場で使う場合

ブラッシングで髪の汚れや頭皮の皮脂を浮かす

お風呂に入る前に髪をクシなどでとかして髪の汚れや頭皮の皮脂を浮かしておきます。

 

オイルを使った頭皮マッサージでは乾いた髪の状態で始めましょう。

 

頭皮にオイルを馴染ませる

頭皮に馴染ませるオイルの量は500円玉くらいを目安にして頭皮全体にやさしくじっくりと馴染ませます。
馴染ませる時には指の腹を使うのが基本で、じっくりと揉みあげるようにしながらオイルを頭皮に馴染ませていきます。
円を描くように揉むと頭皮がほぐれやすくなるのでおすすめです。

 

生え際やつむじ、頭頂部は汗や汚れも溜まりやすいので、丁寧にマッサージするのがおすすめです。

 

5分〜10分ほど馴染ませる

全体にオイルが馴染んだら、5〜10分ほど置いておきます。これによって皮脂とオイルが馴染む時間ができます。もっと長くても問題ないので、ゆっくりとお風呂に浸かりながら頭皮クレンジングという方も多いです。

 

余裕がある時にはタオルやシャワーキャップなどで頭を包み込んで温めると毛穴から汚れが浮かびやすくなります。

 

いわゆるオイルパックで保湿も後押ししながら、汚れも皮脂も浮かび上がりやすくなる頭皮クレンジングのポイントです。

 

ぬるま湯ですすぐ

ぬるま湯のシャワーでオイルを洗い流しましょう。この時に丁寧にすすぐことで、毛穴汚れもしっかり落とすことができます。

 

シャンプーをしてオイルと汚れを洗い流す

すすぎが終わったらシャンプーで残ったオイルや髪の汚れを落としていきます。頭皮クレンジングをして余分な皮脂も落ちやすくなっているので、ゴシゴシと洗うのは禁物です。ここで洗いすぎると乾燥の原因となってしまいますので、優しく洗うことを心がけましょう。

 

リンスやトリートメントは頭皮に残らないように髪の毛に付けることを意識しましょう。

 

お部屋でのオイルを使った頭皮マッサージ方法

 

最近では、頭皮ケアを目的としたオイルも販売されていて、洗い流さずに使えるオイルも増えています。お風呂上がりなどの頭皮や髪がキレイな状態でオイルを使うことで、頭皮や髪の保湿に役立ちます。

 

洗い流さないオイルの場合はつけすぎるとベタつきの原因になるので、使用する量は少なめから馴染ませましょう。

 

濡れた髪はタオルドライしておく

お風呂上がりの水分を多く含んだ髪はオイルとの馴染みが良くないので、タオルで余分な水分はふき取ってからマッサージをするのがおすすめです。

 

100円玉くらいを目安にオイルを馴染ませる

お部屋でのオイルを使った頭皮マッサージはついオイルを使いすぎてベタつきを感じてしまうという失敗談が多いです。
頭皮に馴染ませる目安は100円玉くらいを手にとって、髪を避けて頭皮に馴染ませます。

 

頭皮に馴染ませる時には手のひらに伸ばしたオイルを、もう片方の手の指先になじませ、頭皮につけていきます。
こうすることで、髪に付着してオイルの量が足りないということを減らせます。

 

指の腹を使ってやさしくマッサージ

指の腹を使ってじっくりとなじませていきます。手のひらだと髪にも必要以上にオイルが付着してべたついてしまう場合があるので、指先の力を抜いて、関節のクッションを活かして優しくマッサージしましょう。

 

ドライヤーで乾かす

マッサージが終わったら頭皮と髪を乾かします。熱風を近くで当てると髪が痛む原因にもなり、頭皮の乾燥にも良くないので、髪や頭皮とドライヤーの距離に気を配りながら、完全に髪を乾かすのではなく、若干水分を感じる程度に抑えて仕上げに冷風を当てて、手短に終わらせるのがポイントです。

 

頭皮マッサージをする時のポイント

オイルを頭皮に馴染ませた後のマッサージは指の腹で円を描くようにが基本ですが、他にも下から上、前から後ろを意識しながら馴染ませるのがおすすめです。
同時に後頭部から首にかけてをマッサージすることで、首や肩のコリをほぐすことができます。

 

オイルを使った頭皮マッサージでベタつきが気になる人

洗い流さないオイルを使った頭皮マッサージではついオイルをつけすぎてべたついてしまうという方がいます。
付ける量に気を付けることはもちろんですが、頭皮に付ける時に100円均一などで購入できるスポイトを使って少量づつ頭皮につけていくことで調整しやすくなります。

 

髪のケアも考えるならクシを使って馴染ませる

お部屋でのオイルを使った頭皮マッサージをしつつ、髪の保湿もしたいという時には頭皮のマッサージを終えた後にクシでかみをとかしていくことで自然と髪全体にもオイルが馴染むので、べたつきが苦手な方にもおすすめです。

 

オイルを使った頭皮マッサージの頻度

オイルを使った頭皮マッサージは保湿を目的としたアイテムの場合は、お風呂上がりなどの頭皮ケアとして毎日使うことを考えて作られているので、問題ありませんが、自分で純粋なオイルを使ってお風呂で頭皮マッサージをするという場合には週に1〜2回くらいに留めておくのがおすすめです。

 

皮脂との馴染みが良い分、ディープクレンジングのようにスッキリと皮脂を落とすことになります。
そのため、やりすぎると逆に乾燥を招いてしまうという場合があるのでお休みの前の日といったタイミングなどで行うくらいで良さを十分に感じられるかと思います。
毎日行っても良いけど、やりすぎは逆効果になる可能性があるというように理解しておきたいですね。

 

オイルを保管する時の注意点

  • 開封して時間が経っているオイルは酸化が進んでいる可能性があるので、使用しない
  • 直射日光、強い光、高温多湿を避けて冷暗所で保管
  • 冷蔵庫での保管も気温が5℃以下になると、白濁・凝固してしまうため避ける

頭皮乾燥対策をオイルインシャンプーでケア

オイルを使った頭皮ケアはちょっと面倒という方におすすめなのが、オイルインシャンプーです。
普段お使いのシャンプーと同じように使いながら、自然のレアオイルなどを使用してシャンプー時に失われていく皮脂を補いながら、優しく髪・頭皮を洗いあげてくれるのが魅力です。

 

オイルインシャンプーのメリット

オイルインシャンプー

  • シャンプーをしながら頭皮ケアができる
  • アミノ酸系シャンプーで頭皮や髪に優しい
  • 薄毛など髪に元気が無くなってきた人におすすめ
  • 男性でも取り入れやすい頭皮ケアアイテム

市販のシャンプーと比べて、洗い上がりが穏やかで、頭皮の保湿のことも考えられたオイルインシャンプーは頭皮の乾燥やかゆみを感じる方にピッタリです。

 

オイルインシャンプーは男性の頭皮の乾燥・かゆみ対策にもおすすめ

男性にも使いやすいのもオイルインシャンプーのメリットで、頭皮がベタつきがちという方の頭皮環境を健やかに保つのにもおすすめです。
スカルプ系シャンプーなどを使っているけど、ベタつき、もしくは乾燥でかゆみを感じるという方は注目してみてください。

 

毎日の入浴時に使えるため、ケアを忘れるといったことが無いのが男性におすすめできるポイントです。

 

頭皮に優しいシャンプーの主な種類

アミノ酸シャンプー

頭皮に優しいシャンプーの定番がアミノ酸シャンプーです。洗浄成分をアミノ酸由来を使用することで、優しい洗い上がりを実現しています。洗浄力が穏やかで乾燥した頭皮も優しく、頭皮が敏感になっている方におすすめです。

 

ボタニカルシャンプー

近年話題の自然派シャンプーです。無添加で植物由来成分を中心に配合しているのが特徴

 

オーガニックシャンプー

植物以外の自然由来成分も配合しているオーガニックシャンプーは頭皮が敏感になっている方でも使いやすいのが魅力です。果物を原料としたオイルを使用するなど、シンプルで優しい洗い上がりが特徴。

 

植物性オイルシャンプー

植物性のオイルを中心に配合したシャンプーで、アミノ酸シャンプーなどの自然派シャンプーと比べて、洗浄力も保ちながら保湿性も優れているのが特徴。頭皮の乾燥が気になる方には特におすすめで、頭皮・髪の潤いを補ってくれます。髪のパサツキが気になる方にもおすすめです。

 

おすすめのオイルインシャンプーランキング

Lement・スパークリングオイル・シャンプーの特徴

  • 5000pphの高濃度炭酸と高品質なレアオイルを配合した炭酸シャンプー
  • 3日1回のスペシャルケアで頭皮クレンジングプラス頭皮の保湿ケアが可能
  • シトラスミントとホワイトブーケの香りでヘッドスパ体験が自宅でできる
  • 髪と頭皮の紫外線対策に役立つヒマワリ種子油配合
使用しているオイル
アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)・バオバブ種子油・テオブロマグランジフロルム種子脂・ヒマワリ種子油

価格 評価 備考
2,700円 評価5 200ml
Lement・スパークリングオイル・シャンプーの総評

清涼感を与えながら濃密な炭酸と厳選した高級レアオイルを配合した炭酸シャンプーです、
頭皮の保湿に役立つ高級美容オイルのアルガンオイルに加えて、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンFといった栄養も豊富なバオバブオイル、紫外線から頭皮や髪を守るヒマワリ種子油が健やかな頭皮環境作りをサポートしてくれます。

Herb Garden(ハーブガーデン)の特徴

  • 頭皮を育てながら乾燥から守ってくれる自然派の無添加シャンプー
  • 南阿蘇産のオーガニックハーブウォーターを使用したノンシリコンのアミノ酸シャンプー
  • エコサート認定のオーガニック成分と38種類の天然由来成分を配合
  • 生命力豊かなフルボ酸や頭皮の保湿を助けるユズセラミド・ヒアルロン酸・ラフィノース配合
使用しているオイル
モンゴンゴオイル・バオバブ種子油

価格 評価 備考
8,000円 評価5 シャンプー・コンディショナーセット
Herb Garden(ハーブガーデン)の総評

頭皮を育てるがテーマのボタニカルにこだわったアミノ酸シャンプーです。

使用しているオイルは栄養が豊富で保水性にも優れたバオバブ種子油と厳しい環境で育つ生命力が強いモンゴンゴの木のナッツをオイルにしたモンゴンゴオイルを使用、モンゴンゴオイルは保湿力が高いだけでなく、強い日差しから髪や頭皮を保護するのにも嬉しいオイルです。

オレンジシャンプーの特徴

  • 天然オレンジのパワーを活かして毛穴汚れまでスッキリ落とせるシャンプー
  • 天然精油配合で、洗い上がりの頭皮をしっとりと潤してくれる
  • リンス不要でしっとりまとまるシャンプー
  • 弱酸性・パラベン不使用
使用しているオイル
オーガニックオレンジ油・オーガニックセサミ油・オーガニックホホバ油

価格 評価 備考
1,380円 評価5 150ml
オレンジシャンプーの総評

3種のオーガニックオイルを配合したシャンプーです。7つのオーガニック成分プラス頭皮環境を整える自然成分を配合、全部で30種類にも及ぶ自然の恵みで作られています。

オレンジオイルはリモネンを多く含み、抗菌パワーも持ち合わせている他、リラックスにも嬉しいオイルで毛穴汚れをしっかりとケア、汚れを落とした後にビタミンEが豊富に含まれたセサミ油とホホバ油の2種が皮脂の酸化を防ぎながら、頭皮の保湿をサポートしてくれます。

頭皮乾燥対策を手軽にできるオイル配合の美容液

頭皮乾燥オイル美容液

純粋なオイルを使うよりもさらに手軽な頭皮の乾燥対策が可能なのが、自然なレアオイルを配合した頭皮用の美容液です。

 

頭皮用の美容液の大きなメリットは手軽さです。

 

頭皮用美容液やジェルなどのアイテムは

  • 保湿力が高い
  • 洗い流しが不要
  • 付けるタイミングを選ばない
  • 高い保湿性ながらベタつかない使用感
  • 抗菌成分配合のアイテムでフケ・かゆみをケアできる
  • 男性も使いやすい

というような使い勝手としっかりと頭皮ケアを行える機能性が魅力となっています。

 

例えば、オイルでの頭皮ケアは洗い流しが必要なケースやつけすぎるとべたつくという点があります。また、オイルインシャンプーだと洗い心地が合わない人もいらっしゃいます。こうした頭皮ケアをしたいけど、面倒だと感じたり、好みに合わないケアアイテムは続けるのが難しいです。

 

そんな人にも毎日簡単に使えて、しかもしっかりとケアの実感を得られるのが頭皮用美容液やジェルのおすすめポイントとなっています。

 

頭皮専用のオイル配合アイテムの特徴

ローション

さらっとしたしたつけ心地で頭皮に潤いを与えるタイプが多いです。ただし、テクスチャーの性質的に保湿力は控えめ。

 

美容液

ローションタイプよりも油分が多く含まれるため、保湿力に優れているのが特徴。テクスチャーを活かして美容成分や頭皮ケア成分も贅沢に配合できるのが魅力。

 

ジェル

美容液と同様に油分を多く含められるテクスチャーでありつつ、美容液やローションで感じることがある、付けた時に垂れてしまうということがなく、頭皮にしっかりと密着して保湿をサポートしてくれます。

 

濃密ジェルには豊富な植物オイルも配合されていることが多いです。

 

植物オイルを贅沢に使用した頭皮専用美容液・ジェル

すこやか地肌の特徴

  • 2つの美髪にも嬉しい自然オイルを配合した頭皮用美容液
  • 使いやすい無香料タイプ
  • 頭皮のセラミドケアに役立つ6種の保湿成分配合
  • 健やかな頭皮を保つサクラ葉エキス・ワサビ根発酵エキス・ヒノキチオール配合
使用しているオイル
アルガンオイル・ツバキオイル

価格 評価 備考
3,980円 評価5 定期コース初回価格 120ml 美容液
すこやか地肌の総評

頭皮の保湿を栄養たっぷりなアルガンオイルがケア、頭皮と髪両方に嬉しい椿油を配合した頭皮用美容液です。
スキンケア発想で作られた美容液は従来の育毛剤などのヘアケアアイテムとは一線を画している使い心地が人気となっています。

頭皮の乾燥を防ぐ二つのオイルに加えて、6種類の保湿成分が頭皮のセラミドをケアします。

イメルシオの特徴

  • 頭皮環境が荒れているのケアに役立つ精油と保湿成分を配合した頭皮用ジェル
  • 71種類の植物由来&アミノ酸系原料を高配合
  • 頭皮のかゆみ・フケ・ニオイの3大トラブルをケア
  • 着色料・紫外線吸収剤・動物性原料・シリコン・パラベン不使用
  • ジェルタイプだから垂れずに使える
  • 低分子化された成分が角質層までしっかりと浸透して美容成分を届けてくれる
使用している精油
ローズマリー油・マルラオイル(スクレロカリビレア種子油)・バオバブ種子油

価格 評価 備考
1,980円 評価5 定期コース初回価格 ジェル
イメルシオの総評

ポリフェノール、タンニン、クマリンなどを含み、オレイン酸が豊富で皮膚との馴染みがとても良いマルラオイルに加えて、高い保湿性を持ち、頭皮を柔軟に保ってくれるバオバブ種子油、アロマオイルとして使用されるローズマリーのエッセンシャルオイルが自然の香りを感じさせながら、リラックスタイムをサポートしてくれます。

実に豊富な自然由来成分を配合している他、低分子化された保湿・美容成分が角質層に行き渡り、乾燥から頭皮を守ってくれます。

まとめ

頭皮の乾燥対策に役立つオイルについての情報をお伝えしました。

 

植物オイルは身近ながら、優秀な頭皮ケアアイテムと言えます。今まで色々な頭皮ケアアイテムやシャンプーを試したけど、乾燥が気になるという方は自然の力を最大限に活かしたオイルでの頭皮ケアを実践してみてはいかがでしょう?

 

頭皮の乾燥を防ぐ保湿ケアを充実させてくれるオイルで健やかな頭皮環境を保ちましょう。

 

 

CODINA公式サイト

 

>> 頭皮の乾燥対策TOPページへ