頭皮をしっかりと保湿できる乾燥対策の方法をチェック

頭皮を保湿することは、スキンケアで乾燥肌を解消するのと同じように、頭皮の水分と皮脂のバランスを整えることが大切です。
頭皮の乾燥はかゆみやフケの原因にもなりやすく、さらには頭皮湿疹にも繋がりますので、日々のセルフケアで、保湿を行うことが改善への第一歩とも言えます。

 

保湿をしっかりと行って、潤いが満たされている頭皮は柔軟な状態でもあり、髪の健康にも良い影響があります。
正しい保湿方法やセルフケアで取り入れやすい保湿方法をチェックしてましょう。

 

頭皮の保湿方法の種類

頭皮の保湿方法は顔と同じように外側からのケアが基本です。

 

例えば、

  • 育毛剤での保湿
  • 頭皮用の化粧水やローションでの保湿
  • 植物性のオイルでの保湿

といった方法があり、形状や使い勝手は違うものの、頭皮の保湿に役立つアイテムで、潤いを与え保つことを目的としています。

 

育毛剤での保湿

育毛剤は毛根などに作用する育毛成分だけでなく、頭皮環境を整えるための、保湿成分も配合されています。
頭皮と髪の両方を一緒にケアすることができるので、毎日のセルフケアに取り入れやすいのがメリットです。

 

ただ、育毛成分を含んでいる分、種類によっては乾燥した頭皮に刺激を感じる場合があるため、使用前にパッチテストを行うのがおすすめです。
女性の場合には女性用の育毛剤も多いので、女性の頭皮環境のことを考えた育毛剤を選ぶことで、使い心地も良くなります。

 

頭皮用の化粧水やローションでの保湿

頭皮用の化粧水やローションには、顔のスキンケア用化粧水と同じように保湿成分を配合されています。また、頭皮の乾燥、かゆみ、フケ、赤みなどに作用する薬用タイプもあります。

 

これらの頭皮用化粧水やローションには、抗炎症作用や抗菌作用を持った植物性の原料と共に、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が含まれています。
頭皮も顔のスキンケアと同じようにケアする発想があり、頭皮にも優しい仕様で、どなたでも使いやすいのが特徴です。

 

植物性のオイルでの保湿

近年、美容分野でも注目されている、植物オイルを使ったスキンケア、頭皮ケアが人気です。
オリーブオイルや椿油、ホホバオイルといった保湿力と栄養価が高いオイルが頭皮の保湿に役立ちます。

 

入浴後に髪をタオルで乾かした後にオイルを少量頭皮に馴染ませていきます。
髪ではなく、頭皮にしっかりと塗るのがおすすめです。

 

使用量が多すぎるとべたつきの原因となってしまいますので、少量を馴染ませながら、必要な量を塗るようにしましょう。

 

保湿ケアと乾燥を予防する習慣を身につけましょう

頭皮の保湿を行っていても、他の行動や生活習慣で頭皮の乾燥を招いてしまう場合があります。

 

毎日の洗髪時の改善点

  • 頭皮に優しく洗浄力がおだやかなシャンプーを使う
  • シャンプーの回数を1日1回に控える
  • 洗髪時はシャンプーをしっかりと泡立ててから髪や頭皮に馴染ませる
  • やさしくマッサージをするように揉み洗いをする
  • すすぎ残りを起こさないようにしっかりと洗い流す
  • ドライヤーは頭皮に近づけすぎない
  • 時間をかけて乾かす

毎日の洗髪時の負担は頭皮の乾燥に大きく影響します。
使用しているシャンプーの種類、回数や洗い方を見直すことは、頭皮の乾燥にも良い影響があります。

 

紫外線対策

紫外線は頭皮にダメージを与えます。強い日差しの下にいると、赤くなってしまうこともあります。
しっかりと帽子や日傘などで、顔と同様に紫外線から頭皮を守る必要があります。

 

頭皮の保湿をしっかりと行いながら、何気なく見落としている頭皮の乾燥の原因を見直すことで、改善に向かいやすい頭皮環境作りになりますので、乾燥が気になっている方は、参考にしてみてください。

 

頭皮の保湿と髪の健康を考えた頭皮用美容液

 

すこやか地肌公式サイト